中山道


六十九
journey and pics of
         the nakasen‐road

武蔵国  一.板橋宿 二.蕨宿 三.浦和宿 四.大宮宿 五.上尾宿
  六.桶川宿 七.鴻巣宿 八.熊谷宿 九.深谷宿 十.本庄宿

本庄宿
本庄宿
本庄宿(ほんじょうしゅく)とは、中山道六十九次のうち江戸から数えて10番目の宿場。
武蔵国児玉郡の北部国境付近[1]に位置し、武蔵国最後の宿場。現在の埼玉県本庄市に当たる。江戸より22里(約88km)の距離に位置し、中山道の宿場の中で一番人口と建物が多い宿場であった。それは、利根川の水運の集積地としての経済効果もあった。江戸室町にも店を出していた戸谷半兵衛(中屋半兵衛)家は全国的に富豪として知られていた。
市街地の北西端には、中仙道と信州姫街道の追分がある。場所は、現在の千代田3丁目交叉点付近。追分はT字路状で、江戸側から見ると、左折すれば信州姫街道、右折してすぐ左折という枡形ルートで中仙道京都方面、となっていた。

慶長8年(1603年)、征夷大将軍となった徳川家康のもと、江戸幕府が創立され、江戸と京都、大阪などを結ぶ交通網の整備は領国経営の上でも重要な施策となった。内陸を通る中山道の整備もその一つである。
かつて本庄に城下町を創った新田氏家臣の末裔と言われる人々(戸谷、諸井、森田、田村、内田、今井、五十嵐などなど)も慶長年間頃より中山道沿いに移り住むようになった。
本庄城(慶長17年に廃城)に最も接近して創られたのが本宿であり、本庄宿の中では最も歴史が長い。
本宿より西方で、京都よりには上宿ができ、両者の間には中宿が成立した。三つの宿は、その後、本町、仲町、上町と呼ばれるようになる。廃城となった本庄城の城下町は15町50間(1.7km以上)の距離を測り、農家が38件。その近くに本庄宿が形成されていったわけである(正確には城下町も宿場町となった)。
その後、西国や日本海方面より、江戸に出入りする時の内陸の中継点として、宿の機能は年々拡大されていった。天保14年(1843年)には、宿内人口4554人、商店など全ての家数を合わせ1212軒を数える中山道最大の宿場町として発展する事になる。3町より始まった本庄宿も越州や信州、はては近畿より移住し、店を構える者が増えていく事になる。当然の事ながら人口増加と共に町並みの開発も始まる。新しく開発された所を「新田」と言うが、本庄宿の場合、北側に崖をひかえ、南側は野水の氾濫や畑が広がっていた。また、街道沿いに店を建てる事に商家の意義があった事から必然的に街道の東西を中心に派生していった。東側は台新田と言われ、後の台町である。西側は新田町と言われ、上町より西の金鑚神社付近まで開発された。後に宮本町と泉町に分離される。仲町付近は北に伊勢崎道、南は八幡山道が分岐していた。両街道沿いも開発対象となり、前者は寺坂町(照若町)、後者が七軒町となった。本庄宿の町並みは17町35間(1.9km以上)となり、明治の初めまで本庄宿であったが、明治22年(1889年)の町村制の施行により、本庄町となった。
土地の広さは東西28町余り、南北23町余り。文政5、6年(1822年、23年)頃の調査では、戸数1080軒余りとある。正保2年(1645年)では、街道の南側721間、その家数123戸、北側698間、家数106戸、総計229戸、宅地田畑360町。元禄6年(1693年)には屋敷持百姓376戸(借家人を除く)、宅地田畑380町歩に上る。
中山道では本庄宿に次いで大宿なのが、近江国の高宮宿(64番目)、武蔵国の熊谷宿(8番目)、上野国の高崎宿(13番目)、美濃国の加納宿(53番目)となる。